デザインのポイント

スマートフォン向けサイトのデザインにおけるポイントをもう少し詳細にあげていきます。

ナビゲーション

ナビゲーションをパッと見た時に、タップ可能に見えるかどうかは大きなポイントです。リスト形式やボタンのようにしたり、三角の矢印なんかを表示しても分かりやすいと思います。なお、ボタンやテキストリンクをタップした際に何も反応がないと、ユーザーが本当にタップできたのかどうかを判別しづらいので、ボタンであれば押されたような動きであったり、色が変わったりするようなアクションを見せてあげるとより良いでしょう。
また、ラベルが分かりやすいかも重要なポイントです。ラベルは、基本的にシンプルにするのが良いでしょう。もちろん、あまりにシンプル・簡易すぎてもユーザーは迷ってしまいますので注意が必要です。
テキストではなくアイコンを使うのも効果的で、視覚的に短時間で分かるようなアイコンを作ることが出来れば、より良いナビゲーションになり得ます。

コンテンツ

スマートフォンのディスプレイは小さいため、大量のテキストは見づらく理解がしにくくなります。各段落を分けてまとめたり、デザインの要素をうまく使ってテキストエリアを分けるのも見やすくするためのポイントです。

ブランディング

スマートフォンのブラウザにおいて、ファーストビューでファビコンを含んだタイトルバーやURLバーが表示できません。したがって、ユーザーは現在どのサイトにいるのか、ということがPCのブラウザで閲覧するよりもわかりづらいということになります。このため、スマートフォン用サイトではPCサイト以上にブランディングはよに気を遣う事が必要です。具体的には、ロゴとカラースキーム2点がきとんとあることが重要となります。

余白

スマートフォンのディスプレイは小さいからといっても、余白は必要です。見やすいデザインにするために、ボタンやアイコンなどすべての要素がきちんと離れた状態でデザインされていることが大事です。例えば、読みやすくするためには単に大きいサイズのフォントを使えば良いというわけではなく、より多くのスペースと、より小さいフォントを使うことでもユーザーエクスペリエンスは向上します。
余白はデザインのキーポイントとして重要であることを認識しておく必要があります。


お問い合わせ

【お役立ち】
A/Bテストラボ
沖縄のWEBマーケティング・WEB制作

Copyright(c) 2012 bigget.jp All Rights Reserved.